自主研究
道路財源に関するアンケート調査 (平成13年10月)
 公共事業のあり方、特に道路整備の必要性が議論される中、地方の実状を把握することを目的とした自主研究。
 平成13年8月から9月にかけて住民、企業の方々に対して道路財源に関するアン ケート調査を実施しました。
東海北陸自動車道インパクト調査 (平成16年2月)
 東海北陸自動車道「白川郷IC〜五箇山IC(15.2km)」が平成14年11月に供用されました。この供用による地域社会へのインパクトの把握を目的とした自主研究。全線供用時の効果も同時にとりまとめています。
新しい公に関する研究会(平成16年度〜)
 社会資本整備における新しい公のあり方を探り、今後の政策・施策立案につなげるため、研究会を実施しています。
美し地域づくり研究会(平成15年度〜)
 後世に残すに相応しい歴史の重みに耐えられる豊かで質の高い社会資本を整備・保全し、地域特有の歴史文化性を反映した美しい地域をつくりあげるため学官の協力を得ながら、研究会を実施しています。
雑誌投稿等
大沢 泰一:
「歴史・文化からみた地域形成」、地域開発、2007年1月、日本地域開発センター
講  演
演目等: 企業立地の動向と東海環状自動車道の開通効果の享受
開催日: 2007年10月11日
主  催: 加茂地域工業用水連絡協議会
演目等: 地方からの勇気ある撤退
開催日: 2007年5月19日
主  催: 地域の未来・志援センター・なごや環境大学
演目等: グリーン・ツーリズムコーディネーター育成スクール、交流マネージャー講座
 「地域内合意形成の構築」など
開催日: 2005年10月13,14日
主  催: 財団法人都市農山漁村交流活性化機構
演目等: グリーンツーリズムビジネススクール、農村ストック資源活用講座
 「廃校活用の事例と研究」
開催日: 2005年3月17日
主  催: 財団法人都市農山漁村交流活性化機構
出 版 物
変遷ムラおこし
飛騨・中濃・東濃(上) 大澤 寛著
中日新聞社 平成9年8月発行 ページ 162P ISBN 4-8062-0346-7
大地を愛する人びと
飛騨・中濃・東濃(下)編 大澤 寛著
中日新聞社 平成9年8月発行 ページ 162P ISBN 4-8062-0346-7
文化自然誌(連載)
雑誌「道路」に平成12年7月〜平成14年11月にわたって「道の文化自然誌」として連載。他にも「河川」「砂防と治水」にも、それぞれ連載済。